革の種類

・使用している革について

国内産は「栃木レザー」「姫路レザー」、海外産は「イタリアンレザー」を使用しております。

栃木レザー:日本を代表する老舗タンナーで、全て天然由来の植物タンニン鞣しを行って います。染料のみで着色している為、革本来の表情とエイジングを楽しめます。トラ(シワ)、血筋、傷等が残っているのも特徴です。当店では仕上げの異なる3種類のヌメ革を「Classic」、「City」、「Shrink」、「Vintage 」の各シリーズに分けて使用しています。 ※染料のみで色付けをしている為、ロットごとや部位により多少の色ブレがあります。※「Classic」、「Vintage」は、同じ種類の革を使用しておりますが部位が異なります。

姫路レザー:姫路エリアにあるタンナーで、当店では植物タンニンとクロームを使用した合成鞣しの革に、型押し加工をしたものを使用しています。顔料で着色している為、癖の少ない比較的綺麗な表面に仕上がっております。傷が付き難くヌメ革のような経年変化が少ないのも特徴です。当店では型押しの種類やカラーバリエーションを変えて「CP」、「Style」、「Style-colors」の各シリーズに分けて使用しています。 ※「CP」、「Style」は、外側のみに使用しております。

イタリアンレザー:イタリア・サンタクローチェ近郊にある植物タンニン鞣し一筋のタンナーでトスカーナ地方の伝統的な技法であるバケッタ製法にて生産しております。 当店では「Antique」シリーズに使用しています。 ※バケッタ製法:植物から抽出した天然の渋(タンニン)で鞣した革に、さらに時間をかけてオイルを染み込ませたイタリアの伝統的な天然皮革の製法です。 ※「Style」シリーズの内側の革にも使用しています。

・製品のシリーズについて

・Classic:コシのある硬さと、しっとりとした柔らかさを両立したヌメ革を使用しています。オイルをたっぷりと与えた、「オイルプルアップ」と呼ばれる手法で仕上げられ、風合いのある自然な輝きと滑らかな手触りを楽しめます。

・City:  表面に張りと艶の出る加工が施されたヌメ革を使用し、「Classic」シリーズよりも都会的なイメージに仕上げました。より洗練された、大人の雰囲気を楽しめます。

・Shrink: 革にシボ(シワ)を与え、柔らかく仕上げられたヌメ革を使用しています。初めから手に馴染み「Classic」や「City」シリーズよりも傷が付き難く軽いのが特徴です。

・Vintage: 「Classic」シリーズと同じ革ですが、ショルダーやネックの深いシワが多い部分や血筋や傷が多く残る部分を使用しております。ビンテージな雰囲気と革本来の表情を楽しみたい方にお勧めです。

・CP (Carbon Pattern): 外側には姫路レザーにカーボン柄を入れた革を使用しています。幾何学的な美しい仕上がりで、カーボン柄ならではのスポーティーな雰囲気も楽しめます。ステッチは、全体の印象を引き締める効果を期待して、さりげない「モダングレー」を採用しています。内側には「City」シリーズの革を組み合わせる事により、温かみのある革を無機質なイメージの製品に仕上げました。

・Style: 外側には姫路レザーにシボ柄を入れた革を使用しています。ヌメ革よりも傷に強く経年変化が少ない為、本革でありながらもより気軽に扱えます。内側には高級なイタリアンレザーを使用することで、本格的なヌメ革を楽しめると同時に扱いやすさも実現した製品に仕上げました。ステッチにもこだわり、ブラックには「モダングレー」、ブラウンには「ジンジャー」を採用し、シックなイメージでまとめました。

・Style-colors:内側と外側に「Style」と同じ種類の革を使用しています。ヌメ革よりも傷に強く経年変化が少ない為、本革でありながらもより気軽に扱えます。色鮮やかな革とステッチを使用することで重厚感を抑え、軽い印象に仕上げました。

・Antique:植物タンニン鞣しのイタリアンレザーを使用して、高級感漂う美術品のように仕上げました。表面のシボ柄はとても繊細で、他にはない独特な風合いとエイジングを楽しめます。使い込むほどに艶が増し、深みが出るのも特徴で、使い込んだアンティーク家具の様に表情が変化して行きます。

・ヌメ革について

ヌメ革は、革の表面(銀面)に加工を施さず、植物由来のタンニン(植物タンニン、ベジタブルタンニン)を使用して皮を鞣して作られます。(皮から革へ変化させます) その為、革本来の味でもあるシワ(トラ)、傷、血筋などが残っているのが特徴です。また、革自体は丈夫ですが、表面は傷が付きやすく、水濡れによりシミも付きやすいのでご注意ください。加えて、ご使用に伴い紫外線や手の皮脂により色が変化していきますので、これらの特徴をご理解いただき、経年変化(エイジング)をお楽しみください。
※ 色を染めたヌメ革は、そのロットや同じ革の場所でも色合いが異なり、同じ表情の製品はほとんど存在しません。